Mac を 10.15.5 追加アップデートしよう。

2020年6月2日火曜日

Mac

t f B! P L

先日10.15.5 にアップデートしたばかりですが、追加アップデーが来ていました。
今回は、今朝来ていた macOS  Catalina 10.15.5 追加アップデートについて書きます。

Mac を 10.15.5 追加アップデートしよう。


アップデート前バージョンを確認しよう


先日、5/28に10.15.5 にしたばかりですね。


アップデート手順

ソフトウェア・アップデート画面が表示されています。
詳しい情報を選択します。

macOS Catalina 10.15.5追加アップデート 1.2GB
macOS Catalina 10.15.5追加アップデートを適用すると、
重要なセキュリティアップデートが提供されます。
このアップデートをすべてのユーザに推奨します。
一部の機能は地域やAppleデバイスによっては利用できないことがあります。
このアップデートのセキュリティコンテンツについて詳しくは、
以下のWebサイトをご覧ください:
https://support.apple.com/kb/HT201222
iOS 13.5.1 と同じことが書かれています。macOS も同じように脱獄ツール対策でした。
それにしても、1.2GB って大きいですねぇ。
詳細は、こちらです。

  1. [ 今すぐインストール ] を選択します。

  2. [ 再起動 ] を選択します。

  3. OS再起動され、更新が完了するまで、しばらく待ちます。

  4. ログイン画面まで来るのに、約30分ほどかかりました。

  5. ログインして、[ ソフトウェア・アップデート ] 画面が [ このMacは最新の状態ですーmacOS Catalina 10.15.5 ] と表示されたら完了です。

アップデート後バージョンを確認しよう

バージョン情報に変化はありません。10.15.5 のままですね。

アップデート内容を確認しよう

インストールされた内容は以下です。

  • Gatekeeper Compatibility Data
  • MRTConfigData
  • macOS Catalina 10.15.5 追加アップデート
Gatekeeperは、安全にソフトウェアを実行するセキュリティ機能です。
MRTは、マルウェア削除ツールです。
いつものですが、バージョンは変わっていません。

アップデート内容詳細


HT211215 に記載をみつけました。やはり、iOS 13.5.1 と同じ内容でした。
macOS で CVE-2020-9859 の脆弱性に対応したもののようです。脱獄ツール「uncOver 5.0」で利用される脆弱性で、悪意のあるアプリを端末にインストールすることにより、iOS のサンドボックスや他の保護機構を回避され、任意のコードが実行される可能性があるとのことです。

CVE-2020-9859


機能:カーネル
対象:macOS High Sierra 10.13.6、macOS Catalina 10.15.5
影響:アプリケーションがカーネル特権で任意のコードを実行できる可能性がある
説明:メモリ処理の改善により、メモリ消費の問題が解決されました。

関連情報


Apple セキュリティアップデート - Apple サポート

macOS Catalina 10.15.5 追加アップデート、セキュリティアップデート 2020-003 High Sierra のセキュリティコンテンツについて - Apple サポート
JVNVU#98960050: iOS のカーネルに Jailbreak につながる脆弱性

このブログを検索

カテゴリ

Windows (87) Mac (52) ゲーム (34) Linux (30) ブログ (25) iPhone (15) VMware (14) Blogger (10) Android (5) Python (4) HTML (3)

ブログ アーカイブ

人気の投稿

書いている人

自分の写真
ブログ初心者です。2020/03 からBlogger ではじめました。

・調べたこと
・うまくいったこと
・うまくいかなかったこと

をありのままを書いて、見てくださっている方の近道・回り道の道しるべになれればと思っています。